2015年11月08日

1 110mH/100mH 対抗選手紹介

こんにちは!
今夏に黒染めをし、髪・見た目から”雰囲気大人女子”を目指している最中、短距離2年滑川由紀子です。医療科学類です。投てきブロ長うーたんと日々実習レポートの苦しみを分かち合っています。


私からは、1日目に行われる男子110mH/女子110mHの対抗選手紹介をさせていただきます。
日程は以下の通りです!
12:40~ 男子110mH予選 3組2着+2
14:50~  女子100mH決勝
14:45~ 男子110mH決勝

100mH/110mHという種目は、
100m/110mの間に一定間隔(男子:9.14m 女子:8.50m)で置かれたハードル10台を超え、インターバル3歩~5歩で走り、その速さを競う競技です。
ハードルの高さは…、女子が微妙に跨げないくらい。男子のは潜ったほうが速いんじゃないかな、、、と感じるくらい。(あくまで女子目線です)あれを跳べる男子ハードル選手は凄いな、、、と皆さんも1回は思ったことがあるのではないでしょうか?

そんなかんじでギリギリを攻めてるハードルですが、短距離同様のスピードで障害をスレスレに越えていく感覚がたまりません。レース前トラックに並ぶ80台(笠松だと90台‼)のハードルをスタートラインから見れる景色は壮大です…‼これもハードル選手ならではの魅力・陸上の楽しみ方ではないかな、と勝手に解釈しております。


長くなりましたが対抗選手紹介(敬称略)にうつります!2015クラ対対抗枠出場者は以下の4人です!

男子110mH
化学M2 鈴木一暎(すーさん)
DSC01982.JPG
『最近色々な種目に出ているので皆さん忘れているかも知れませんが、僕の専門は110mHです。そして最後のクラ対で専門種目の対抗枠を走れる事、とても嬉しく思います。(実際ダメ元で申し込んだので本当に嬉しかったです)
最後じゃし思い切って15秒台を出して10枠入り!と言いたいところですが流石に夢を見すぎな気がするので、とりあえず16秒前半を目標としておきます。』

大学陸上6年目のすーさん!私が初めてお会いしてから2年経っていませんが本当に様々な競技に挑戦されていて、全種目において安定した競技をこなせるスペックを持っている印象が強いです。
その“器用さと安定感”は、走りだけでなく技術も問われるすーさんの専門種目110mHでさらに生かされてくるのではないでしょうか。

医学3年 目黒 陸
DSCN3444.JPG
 『 シーズンラストの大会、自己ベストを目指して頑張ります!』

普段は温和で爽やかイケメンな陸さんですが、競技場に立つと真剣さと…と続けたかったのですが400mHのクラ対選手紹介でともきと偶然同じような文を書いており、先を越されてしまったので別のこと書きます‼‼‼‼‼(笑)
陸さんは走り高跳びとハードルを掛け持ちしています。どちらも高度な技術が必要だと思いますがうまく両立している陸さん。
今夏の東医体@仙台…赤髪・赤ユニフォーム・赤スパイク…の赤尽くしでしたね。クラ対でも赤い格好+赤い闘争心でシーズンラストレースを駆け抜けてくれるのでしょうか!

物理2年 樋川 遼太朗
DSC03074.JPG
『他人に対しても、もちろん自分自身に対しても、勝ちにこだわる。   
そんなレースを目指します。』


“勝ちにこだわる”。
彼のコメントのように、りょうたろうの走りにはレース中/練習中常に〔前へ、一瞬でも速く〕走りたいという気持ちが伝わってきます。ハードリングの鋭さとインタ―バルでの加速のうまさは脱帽です羨ましい。
ハードルと走りがうまくハマった後の爽やかすぎる笑顔がクラ対当日もみたい!


女子100mH
医療科2年 滑川 由紀子
DSC02470.JPG
『今シーズンは9月以降、不甲斐無い走りばかりをみんなに見せてしまっていて、悔しい想いしかしていません。このままでは終われない…‼男子と違って女子ハードルは決勝しかありませんが2015*100mH*のラスト1本、しっかり決めて取るところ確実に取りに行きます。』
私はレース前に短ブロ長TKBさんに目標を言うと叶う、というジンクスがあるので今大会でもお世話になりたいと思っています。


以上対抗選手4名です。
皆さんの声援が力になります!障害ブロックの応援もよろしくお願いします。

また、今シーズン中も、マネージャーさんや短距離の方中心に、スタート出し・ビデオ・ハードル並べを手伝って頂いたり、ハードル補助員をやっていただいたり…と、ハードルブロック以外の同好会員の皆さんに大変お世話になりました。ハードル練習は人数も多くなく、準備に労力と時間を費やすため、他ブロックの方からのお手伝いがとても嬉しいです…
この場を借りてお礼を言わせていただきます。
今後もお願いすることがありますがよろしくお願いします。

IMG_4368.jpg

段々と寒くなってきましたね。クラ対までもう少し…太陽頑張れ、降るな吹くな…‼

それぞれが学年の年の分だけ筑波大学陸上競技場で積み重ねてきた練習のすべて
主将ゆうだいさんの元で積み重ねてきたこの1年の想い
今年のクラ対で出し切っていきましょう!


躍進~共に更なる高みへ~



最後まで読んでいただいてありがとうございました。
posted by 筑波大学陸上同好会 2015 at 18:37| Comment(0) | クラ対決起MT2015 | 更新情報をチェックする

クラ対選手紹介 5000m/3000m編

こんにちは!!
長距離ブロック2年の東です。駅伝大好き人間です。

4月のリレーカーニバル以来、2度目のブログ執筆になります。
今回僕は「クラ対選手紹介【男子5000m/女子3000m編】」について書きたいと思います!!

暑い夏のきつい練習を乗り越え、その成果がどんどん現れてくる飛躍の秋
そんな絶好の時期に行われるクラ対の5000&3000m、今年も様々な学年から長距離の精鋭たちがエントリーし、とても楽しみな種目となっております!

出場選手の紹介と長距離種目の見所を書くので是非ご覧ください!!
さっそくまずは対抗選手から。。。

<選手紹介>(敬称略)
【男子対抗】
藤野朝日(応理3)長距離ブロック長

asahisan

「涙なしでは見られないレース展開をし、皆さんに勇気を、希望を、感動を与える走りをお見せします。」


我らが長ブロ長の朝日さん。この一年間「走り」と「大きな背中」で長距離ブロックを引っ張ってきました。
自分も朝日さんの後ろで何度もメニューをこなしました。皆さんも朝日さんの背中を見れば何か学べるはずです。
ちなみに先月の平国大記録会で15分41秒の自己ベストを更新しています。当日の15分30秒ぎり&入賞に期待しましょう!!


東達志(社工2)

azuma.jpg


私です。この前「100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ」という松本人志さんの言葉を見つけました。とても心に響きました。本番は自分の実力のMAXを出してきます!!


宍倉康浩(医療科1)

sisikura

「実は自分筑波内のエントリー期限遅れて、ほんとは出場することできなかったんです。でも先輩達にお願いして出させてもらうことができました。ありがとうございます。そしてすいませんでした。なので中途半端な走りはできません。最低でも点数持ち帰ります。賞状持ち帰ります!メダルも持ち帰ります!!!」


1年生ながらすばらしいスピードと体力、そして時折見せる可愛さを兼ね備えたしっしー。
練習でも大きな存在感を見せています。クラ対では15分15秒を目標にしていると言っていました!関東医科でみせたものすごいラストスパート、クラ対でも見れるか楽しみですね!
ちなみに彼は裸足で走っても速いです。靴履いてるときより速いかもしれません。


【女子対抗】
福田くるみ(化学4)

kurumisan

「今を見つめて頑張ります!」

圧倒的持久力と精神力があるくるみさん。くるみさんの練習量と努力にはいつも驚かされます。マラソン練習もたくさんこなしてきているので、当日は粘り強い走りと前に食らいつく精神力に注目です!
くるみさんの走りはどれだけ苦しく見えても走る楽しさが僕たちに全面に伝わってきます。当日もその走りは筑大同に大きな勢いを与えてくれるでしょう!!


牟田祥子(知識2)

shokotan

「トラック7周半、死ぬ気で走ります!ほんとに苦しくて死にそうになるので、応援があるとほんとにほんとに頑張れます!(名指しだと特に!)よろしくお願いします。」

最近陸上の楽しさにのめり込んでる(と自分が勝手に解釈している)しょこたんこと牟田祥子。2年生になって陸同のあらゆるきついメニューをこなし着実に実力をつけてきています!!
よく練習で女子一人になる場面があり、その中でもしっかり自分でペースを作っています。長距離走はいかに自分のペースを守るが重要なので彼女にとって大きな力になってるでしょう!!
当日は大幅ベスト更新に期待です!!


秩父陽香(医学1)

titiharu.jpg

「今期ラスト3000頑張ります!」

とってもいいキャラしているちちはる。
医学の大会に積極的に出場し、タイムもどんどん伸ばして行っています!!11分台もすぐそこまで見えていますね!当日も必ずベスト更新してくれるでしょう(プレッシャー)。
最後にもう一度言います。とってもいいキャラしています。



以上が我が筑大同の対抗選手です。点数をがっつり稼いで筑大同の優勝に貢献できるよう頑張ります!
引き続き5000OP、3000OPの選手紹介をしていきます。OP種目は対抗よりも記録を狙う事ができるので、出場選手の積極的な走りを見ることができます。観戦のおもしろさは対抗種目に全く劣っていません!!!

というわけでまずは5000OPからどうぞ!

【5000OP】
石川大悟(社工2)

diver



田中俊也(応理2)

syunya



横須賀拓(医学2)

yokosu


石崎洸輝(障害1)

kouki



佐藤優成(応理1)

yuusei


引き続き3000OPも紹介します!!
【3000OP】
佐々木真央(看護3)

maosan



金山夏実(看護2)

kinnzann



以上が選手紹介になります。
ほんとにほんとに楽しみになってきましたね!!


でも長距離種目は長いから観戦している時は退屈。。。と思うかもしれません。というわけで今度は自分から長距離種目の見所を紹介します!!

前半(スタート~1500mくらい):各ランナーが他のランナーを見ながら自分のペースを決める区間。正直ここから結果を判断することは困難です。とても速い人が目立たない位置で走っているかもしれません。また、最初飛ばすタイプの人、抑えるタイプの人もいます。それぞれのランナーがどんなタイプで、何を企んでいるのか予想しながら観戦するのがおもしろいです!
しかし、ランナーからしてここでの応援が少ないと、この先待ち受けるゴールまでのとてつもない距離に絶望して途中でやめたくなります。。。

中盤(1500くらい~3500mくらい):大きくレース展開が動くポイントの一つです。実力のあるランナーならここでペースを上げ集団の人数を減らしてきます。また最初ペースを抑えていた人はここで徐々にペースを上げ順位を上げてきます。「あれ、いつの間に先頭集団いるの?」って驚くときもしばしば。他にも後半のためにペースを抑え続ける人もいます。と、まぁいろいろ話しましたが中盤区間は一言で言うと「まだまだ結果がわからない区間」です。
しかし、ランナーからしてここでの応援が少ないと、しんどくなってきた上にまだまだ距離が残っているので途中でやめたくなります。。。

後半(3500mくらい~ゴール):中盤までに体力に余裕があった人となかった人の差が見えてくる区間です。全員が自身の実力を出し切ります。とてもおもしろいです。正直ある程度余裕がないと自己ベストは出せないしいい順位も取れません。また、最後の駆け引きが見られるので皆さんはとくにこの区間を注目して欲しいです!!


少しは楽しみになっていただけたでしょうか?(笑)
もし当日忙しくなければ是非見てください!!


長距離種目は走っている間は本当につらいです。5000の話になりますが1500くらいでもう息が切れ始め、地獄を味わうときもあります。
そんなつらい気持ちを助けてくれるのはやはり応援してくれるみなさんの声援です。もちろんレース中に声援に対して反応なんてできません。一見無視してるようにしか見えません。しかし、長距離種目は走っている人には必ず応援の声が聞こえています。必ず力になります。

他のチームの人がチームの人に「筑波の人抜かせるぞ!頑張れ!!」と聞こえるとかなり焦りますが、逆にみなさんが「前の人抜かせるぞ!頑張れ!!」といってくれると、普段出せない力が出せます。

今見返すと応援を切実に求めまくる文章になりました(笑)が、とりあえず皆さんの応援に対する僕たちの需要は半端ないので、応援のほうよろしくお願いします!!


クラ対では出場者全員が全力を出し切ります!!

長文になりましたが読んで頂きありがとうございました。
それでは
posted by 筑波大学陸上同好会 2015 at 18:35| Comment(0) | クラ対決起MT2015 | 更新情報をチェックする

クラ対選手紹介 3000mSC編

こんにちは!6年の水越です!
練習、飲み会ではいつもお世話になっております。
今回はクラ対1日目に行われる男子3000mSCの選手紹介を任され、6年間同好会にいて、いま、初めてブログを書いています笑

まず、3000mSCですが、競技人口もあまり多くなく、今まであまり興味を持って見たことがないのでは?と思うので、3000mSCについて簡単に書きます。

3000mSCは皆さんも想像できるかと思いますが、”めっちゃ過酷”な競技です。
短距離からしてみれば、3000mを走るというのがまず嫌でしょう。おまけに400mHの高さの障害つきです。水濠もあります。時には水濠の中へ人が消えていくことも…

これをトラック1周する間に障害を4回、水濠を1回、計5回越えていきます。
3000m走り切るまでにはトータルで35回です。
そのため、ペース配分が非常に重要で、オーバーペースになると後半でスピードが出なくなり、障害や水濠が思うように越せず、転倒の危険も出てきます。時には完走できなくなってしまう選手も…鬼ですね。

3000mSCに出場する選手でさえも、
「3000mSCとか一番最初に考えたやつ誰だよ」
「なんで水濠を飛び越そうと思ったわけ?」
とか言いだしちゃうくらいきついです。

こんな過酷なレース中は、皆さんの応援が走っている僕たちに非常に響きます。
心に沁みます。飲み会後の味噌汁くらい沁みます。
クラ対ではみなさんの「ファイトー!」待ってます。
応援よろしくお願いします!!


皆さんの応援を糧に、今年はこの3人が力走します!!


藤野朝日 3年

DSC01643.JPG

コメント「僕の華麗なるハードリングに魅了されてください。絶対表彰台のります。」

我らが長距離ブロック長、あさひ!
とにかく足が長い。その長い足を活かして障害をラクラクと飛んでいく。コメントからもハードリングには自信のほどがうかがえます。僕もその足の長さがあればあと10秒は速いはず。
今シーズンは茨城県選手権で9分31秒の好記録をマーク!
そしてこの男は本番に強い!
クラ対では、素晴らしい走りを魅せてくれることでしょう!表彰台に期待!!


福田壮馬 6年

DSC01616.JPG

コメント「陸上も恋愛も障害があるからこそ燃えるタイプです。ゴールで微笑むあの子のために走ります。待っててな、ワイのプリンセス!」

陸奥が生んだ神童、そーま
彼のユーモアと持久力は天下一品!
3000mSCにはたくさんの障害。しかも今回はクラ対という大舞台。さぞ燃えてくれるでしょう。
持ち前の持久力を活かし、35回の障害を越えた先で待っててくれるプリンセスは果たして現れるのか…?!注目です!!
また、個人的な話になりますが、6年間一緒に走ってきて、同じ大会で3000mSCを一緒に走るのは最初で最後!アツい試合にしよう!!


水越雄太郎 6年

TKN カメラ_1661.jpg

コメント「濠を華麗にす、水越。そんな水越に俺はなる。」

3人の中で唯一、水濠で転倒経験のある、水越。
しかし、クラ対では素晴らしいハードリングをします!
6回出場したクラ対も今年で最後。最後のクラ対は、ベスト更新して表彰台狙います!



長くなりましたが、以上、3000mSC選手紹介でした~!

クラ対、全力で!勝ちに行きましょう!!



posted by 筑波大学陸上同好会 2015 at 14:55| Comment(0) | クラ対決起MT2015 | 更新情報をチェックする

選手紹介 高跳び編

最近ますます寒くなってきてオフトゥンの優しさに毎朝甘えています!
跳躍2年の岡本朱音です!
今回は高跳び編ということで棒高跳びと走り高跳びの選手紹介をさせて頂きます!


<<棒高跳び>>
対抗 1日目9:30
PA253573[2].JPG
津田成輔
 「焦らない、でもあきらめないで、すべてはこの日のために練習してきました。鈴木と共に更なる高みへchallengeするためには、スタンドで応援してくれる人との一体感が必要です。チームのために何か1つできるように、Best Performanceで挑むので応援よろしくお願いします」 
歴代のクラ対Tシャツの名言すべてを使って重みのあるコメントを頂けました。先日3m超えに成功したカールさんの跳躍からも目が離せませんね!


 PA253589[1].JPG
鈴木一瑛
「同好会の誰よりも高いところで競技します。1年間やってきた棒高跳びの集大成。皆さん応援よろしくお願いします!」
棒もってもぴょーんと跳べるすーさん!そのバネに注目です!

毎回、ポールを運ぶのに一苦労している様子の棒高跳びです。
すーさんがおっしゃっているように、大会の中で一番空に近い種目です!
スタンドから応援して、目線の高さまで上がってくる様子は圧巻ですよね!
お二方の本気の棒高跳び、楽しみですね!


<<高跳び>>
対抗 1日目9:30
男子
 PA253372[2].JPG
難波成弦
「クラ対初めてなのでがんばります」
練習では筆者にたくさんアドバイスをくれるげんげん。アップの時点でピョンピョン跳ね、練習でも本番でもすっごく跳びます。初めてのクラ対、そのポテンシャルに期待です!

 
DSC00037[1].JPG
高橋昂太
「今年はワンチャン表彰台ある」 
今シーズン、ノリノリなこーたさん!今回は直前に1500mはないらしいですが、実際ワンチャン2m行っちゃうんじゃないかなってくらい乗りに乗ってます!
 

DSC03734[1].JPG
添田晧輝
「21年間のすべてをぶつけます。フィールド種目の応援もよろしくお願いします!」 
我らがフィールドブロック長、こうきさん!シーズン中盤はケガに悩まされていましたが最近の練習では「高跳びのすべてがわかった!」ってよく言ってます!21年間の人生すべてが詰まった跳躍に期待ですね!


OP
DSC00357[1].JPG
目黒陸
「オープンですが自己ベスト目指して頑張ります!」
 ハードルや幅などとりあえず色んな風に跳ねてる陸さん。ぴょーんって自己ベスト更新に期待です!



女子
対抗 1日目14:00
DSC06732[1].JPG
宮本朱菜
「女子高ワンツースリー目指します(^^)」 
跳躍女王の朱菜さん!勉強に忙しそうでシーズン中盤は思うように練習ができなかったそうですが、そのため込んだバネを一気に放出するような跳躍に注目です!


1378407_385391068256541_1148943223_n[1].jpg
大宮由芽
「今できる精一杯で頑張ります。ワンツーに続きたいです。」 
高跳び女子唯一の右足踏切でピンク大好きなゆめさん!朱菜さん、里奈さんに続くようなジャンプに期待です!


10429479_448214318650129_2596061919824000796_n[1].jpg
村井里奈
「女子高ワンツースリー頑張ります!!応援よろしくお願いします☻!!」
かわいくてきれいでおしゃんでさらにすっごい跳べる里奈さん!個人的には医学系の大会で同じピットで間近で見てきた跳躍を見るのも今回で最後かと思うと本当に寂しいばかりです泣 きれいでしなやかな里奈さんの跳躍、必見です!


OP

DSC07525[1].JPG
岡本朱音
「いいシーズンだったって言えるような跳躍がしたいです!緊張しすぎないようにします!」
9月から背面跳びにチャレンジしています。まだまだ不格好ですが応援よろしくお願いします。


DSC07595[1].JPG
浅川萌生
「女子走高跳は筑波勢が約半数を占める大所帯で臨みます!その勢いを持っていい感じにシーズンを終えられるようにしたいと思います!」
院に進学してもまだまだその跳躍力は健在なもえみさん!シーズンの締めくくりになるような跳躍に期待です!



高跳びの高くぴょーんと跳び、綺麗に体を反る姿は本当にかっこいいですよね!
イケパラの佐野君の種目ですよ!そりゃかっこいいですよね!
けど、そのかっこよさとは反面静かで走行距離も短いので他のトラック種目が行われている横ではどうしても注目が集まりにくい競技です。
ピットに入り、助走を始める寸前は周囲5m以内には人がいなく、比較的孤独を感じやすい競技だとも思います。
だからこそ、「一本!」や大きな「はい!」が非常に安心するし、背中をそっと押してもらえるような気持になります!
そんな走高跳び応援よろしくお願いします!!!!!
特に女子高跳びは仲良し4年生3人がそろっての跳躍は見納めです!みなさん目に焼きつけましょう!!!

クラ対まで残すところあと6日、緊張や不安など思うところはたくさんあると思いますが、練習も当日も精一杯楽しみましょう!
posted by 筑波大学陸上同好会 2015 at 12:34| Comment(0) | クラ対決起MT2015 | 更新情報をチェックする

クラ対選手紹介 400m編

こんにちは!短距離1年の和田拓海と申します。
入学以来、同じく1年の井上能考(イノウエヨシタカ)とよく間違えられています。
見分け方のコツはメガネのテンプルの色です。
ヨシタカは黒、筆者は赤となっています。
(チップとデールの見分け方とよく似ていますね)

さて、そんな筆者の方からはクラ対の400mの選手紹介をさせていただきます。
今回のクラ対では400mは1日目に行なわれます。以下、その日程です。

11:15 女 400m 予選・OP 3組2着+2
11:30 男 400m 予選 9組0着+8
12:10 男 400m OP 5組
14:40 女 400m 決勝
14:45 男 400m 決勝

対抗男子は着順で拾われず、タイム勝負となるので予選から気が抜けません。予選と決勝の間はおよそ3時間設けられていますが、つなぎの時間としては可もなく不可もなくといったところでしょうか。
ただ、先述の通り、予選がタイム勝負となることと、おそらく気温が低い中での開催であることを考えると、普段よりも気を遣う必要があるかもしれません。
対抗女子はタイムレースだった昨年とは異なり、今年は予選、決勝が設定されています。
こちらも、予選と決勝の間の時間は3時間となっています。

それでは選手紹介です。


選手紹介


男子対抗400m

4年 和田 純一(PB 50”90)

DSC_4310.JPG

選手からの一言
『2015年シーズンの全てを出し切って、対抗選手として躍進したいです。
 Best Performance in 2015!!!』


今年の10月に自己ベストも更新され、今波に乗っているわだじゅんさん!攻めの走りは必見です。
筆者もわだじゅんさんのような和田になりたい、わだじゅんさんのような走りのできる和田になりたいと日々感じています。
2015年の全てをぶつけたベストパフォーマンスに期待しましょう。


2年 小舘 優(PB 49”72)

DSC01943.JPG

選手からの一言
『不調上がりでどこまで結果が残せるか分かりませんが、対抗選手として1点でも多く同好会に貢献したいです』

素晴らしい自己ベストをお持ちの小舘さん。尊敬します。
その走りを初めて見させていただいたのは、スプリングカーニバルの時でした。
安定感があり、練習を妥協せずガンガン取り組んでいる姿が印象的です。
一つ上とは思えない貫禄を勝手に感じています。
”1点でも多く”。頼りになる先輩です。


1年 小澤 樹
(CB 52”35)

DSC01937.JPG

選手からの一言
『トラック1周を頑張ってちゃっちゃと走っちゃいます!
 応援よろしくお願いします!』


受験のブランクから着々と調子を戻してきている樹。1年生のフレッシュさで、周りを恐れない力強い走りを期待したいですね。クールさの中に熱い陸上魂を秘めている。そう筆者は感じています。
その熱い思いをこのクラ対にぶつけてくれることでしょう。


男子400mOP

2年 渡辺 岳人(PB 49”91)

DSC02160.JPG


1年 和田 拓海(CB 52”59)

DSC02593.JPG



女子対抗400m

2年 鈴木 夏帆(PB 67”55)

DSC02589.JPG

選手から一言
『寒くてタイムは狙えないかもしれませんが、出るからには今できる最高のパフォーマンスをします!陸上始めてからの2年間の全力をぶつけた、悔いのない走りをしたいです!』

先日の関東医科では見事入賞を果たされた夏帆さん。今季は特に400mに力を入れていたようです。今回のクラ対では400mの紅一点ですが、全力をぶつけた走りで、ぜひ女子400mを盛り上げてほしいですね。
そして、自身の今季の400mを悔いのない形で締めくくっていただきたいです。


粗文ではありましたが、以上でクラ対の400mの選手紹介とさせていただきます。
400mはトラック1周を走り抜く競技です。トラック四方八方からの応援をぜひよろしくお願いします!
本当に力になります。

それでは、これまでの練習の成果を、そして熱い陸上魂をこのクラ対で存分に発揮しきりましょう!
このクラ対が皆さんの陸上人生の大切な1ページとなることを祈念して。
posted by 筑波大学陸上同好会 2015 at 06:56| Comment(0) | クラ対決起MT2015 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。