2015年08月16日

【夏練習合宿】〜短距離編〜

こんにちは!
短距離ブロックの和田純一(国際総合4年)です。
練習合宿ブログ執筆のオファーをいただきまして光栄です。
ブログ執筆者の中では上級生を代表するかたちとなってしましましたが,まだまだ老害なんて呼ばれるつもりはありません・・!
さあそれでは、福島県でおこなわれた短距離ブロックのアツい夏をお届します!

つくばからおよそ3時間・・今回の合宿地は福島県白河市西郷村。
かつて奥州の要として知られた白川の関は、松尾芭蕉も詠んだ地名として歴史的に有名ですよね。初日に練習したしらかわカタールスポーツパークは、震災後にカタールからの支援により改修工事がおこなわれた競技場です。競技場の脇には仮設住宅とみられる住居が並んでおり、震災からの復興は道半ばであることを実感させられました。

さてさて、肝心の練習メニューと言いますと
【DAY 1】
午前:ドリル・流し・変形ダッシュ
午後:(150m×4)*2 or 500m+400m+300m(中距離合同)

振り返ると一日目の午後が一番、体の調子もよくスピードもでるので質高く追い込めたメニューだったのかと思います。500m入りのタイムが12秒前半には驚きましたが、皆さんなかなかの攻めのタイムでした!
ブログ元気はつらつ.jpg
元気ハツラツ!短距離ブロックの様子


練習終了後のバス移動のなか、練習後のテンションに任せ隣の席のさっこ(短距離3年)と”Sacco Tuesday Evening FM”と題して二人でラジオ番組風の会話を始めたところバスの中の後輩たちに好評だったようで、(気を遣われていただけ?)調子に乗って二人でラジオ風に30分間話続けました(笑) 小舘(2年)の睡眠を妨害する形となりましたが、他の人には楽しんでいただけたようなので良しとします(^_^.)


【DAY 2】
2日目の朝は山道をジョグへ・・・
過酷なクロカンと戦う長距離ブロックを横目にゆったりジョギング・・・合宿のたびに短距離で良かったなあと思います。

午前:(120m+100m+80m+60m)*2, 300m
午後: 補強(メディシンボール投げ・手押し車・おんぶ走・手つなぎスクワット・手つなぎ腹筋)

午前は短短向けメニュー、そして気合の300m。300mは希望者のみとされていましたが、そんな言葉はあってないようなものでした。

午後は補強です。合宿だし、みんなで盛り上がるものをということで、
最後に手つなぎスクワットと手つなぎ腹筋がおこなわれました。文字通り、みんなで手をつないで輪になって一斉にリズムを揃えてスクワットと腹筋をおこないます。特に腹筋はつらくなってきてペースが遅れる人がでてくると隣の人が遅れた人を引っ張り上げなければならないという団体補強メニューなのです。
試しにスクワットは一人5回ずつ一周・・これがなかなかの強度で途中でかなり辛そうな雰囲気もありましたが、みんなで声出してクリア!
この流れで、私WDJNが「腹筋も一人5回ずつでいいじゃん」と、これを主将の押野も後押し、
みんながマジかよという嫌な顔をしつつ腹筋を始めようとすると、

そのとき ,2年のよし○か君から名言が生まれました。


「筑波大生、学べ!(顔で必死で訴える)」

彼曰く、さっきのスクワットも一人5回で十分キツかった。腹筋もひとり5回はあり得ない・・と。合宿の疲労からつってしまう・・と。失敗から学べと。
2年生のよし○か君の普段の穏やかな表情からは想像つかない、見たこともない顔でした。あの時のよ○たかの顔を忘れることはないでしょう・・。
最終的に女子3回、男子5回ずつで決着するも、結局よした○はこの腹筋の途中で足をつります・・。ごめんね。

まあでも、みんなで大きな声を揃えて補強するのは純粋に楽しかったかと思います(*^^)v 次回に期待!?(笑)



※こちらは合宿でブレイクした通称マキパイセン(彼はこの時自分が学生特有のノリのせいで、誰よりも多い距離を走らされるとは思ってもいなかったことでしょう・・・)
DSC00982.JPG



【DAY 3】
午前:坂ダッシュ
午後:エンドレスリレー(全体)200m×3 長距離と牧400m×3

朝から雨が降ったりやんだりのあいにくの天気のなか、
主将の強い意向により坂ダッシュを決行!!小雨の降るなか坂を駆けのぼりました。これでこそ合宿メニューですよね。勝ち抜き方式だったので、燃えました。
なぜか牧センパイ(2年)が試走として一本多く一人で走ることに・・。
(困ったら牧にやらせるという風潮が根付いてきた気がします・・(笑)
坂ダッシュ.jpg



午後は合宿の最終種目「エンドレスリレー」
これがなければ合宿じゃないでしょ!と思わせるフィナーレにふさわしい練習。
全ブロック合同そしてマネさんも交えて最後の種目に臨みました。
ここで牧パイセン(2年)は人数調整の関係で2倍の距離を走ることになります。(よく頑張った!)
雨のなか全員が最後の力を振りぼって、ゴーーーール!
雨のなかバトンをつなぐなんて,何て青春なんでしょうか・・Thank you Fukushima!
リレーチーム.jpg

リレー.jpg



 これは個人の感想ですが、今回の合宿は純粋に陸同の合宿に集中し、そして楽しめたと思ってます。それは合宿準備を進めてくれた伴はじめとする幹部代のおかげだと思っています。(例えば、同じ部屋の短ブロ長は車出しに、ミーティングに、マッサージに、甲子園チェックにと休憩時間もせわしなく働き続け、さすがだと思ってました)
また昨年自分自身が合宿担当者を経験したこともあり、キャンセルでる度に宿に連絡しなきゃいけなかったり、毎回バスの時間を調整したり・・・面倒なことがたくさんあることを理解していたつもりです。それだけに合宿運営に尽力してくれた伴をはじめとする幹部代に心から感謝を伝えたいです。ありがとう!


 練習合宿も終わり、やっと一息つけるねって思ったのもつかの間です。また僕らは後半シーズンへ走り出します。各メニューで各自が取り組んだ成果はもちろんのこと3日間仲間と陸上に打ち込んだ時間は、陸同の一体感を醸成してくれた時間であったと思います。近年のメンバー数の増加によってすべての人についてよく知ることは簡単ではないのですが、こうやって少しずつお互いを知り、同じ団体に所属していて応援したい人が増えていくことは嬉しいことであると思います!

この一体感が後半シーズンにおいて、筑波大学陸上競技同好会の選手・マネージャーのBest Performanceを力強く後押ししてくれるものと信じています!

sprinters 集合写真.jpg

ではまた練習でお会いしましょう!

和田純一(WaDa JuNichi)

ブログ用未完.jpg
posted by 筑波大学陸上同好会 2015 at 17:00| Comment(0) | 合宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。