2015年11月06日

2015年度クラ対決起ミーティング

こんにちは!
短距離・跳躍3年および渉外の野口紗英子です!
出身はさいた…じゃなくてJamaicaで…
なんていう自己紹介はここら辺にしておきましょう!笑

いよいよクラ対まで10日をきりました。
私からは10月31日(土)におこなわれたクラ対決起MTについて報告します!

MTは12:15~@5C216 で行われました。階段教室ということでたくさんの人がMTへのご参加いただきました。ありがとうございます。

まずはじめに、選手動画紹介ビデオ制作の山部監督からお言葉をいただきました。この前の日は朝まで動画を作ってくれたそうです。(しょうごも)さすがっす。
山部 階段教室.JPG
〇渉外(野口紗英子)
私、渉外からはクラ対の注意事項、規制について、クラ対駅伝の日程についてお話しをさせていただきました。注意事項としては
・ゼッケンを持ち帰らないように
・音合わせ禁止・フライングは1回で失格
・表彰で呼ばれた人は代理でもいいので本部へいくこと
・駅から競技場までの道はマンションの中を通り抜けないように
です。当日はよろしくお願いします。
規制についてですが、今回は人数制限をするまでのエントリー数はなかったので、OP1人1種目という規制のみになりました。ご了承お願いします。

noguchi.JPG

〇長ブロック長(藤野朝日)
テンポの良い曲で選手紹介動画が流れました。
トラックのどこを走っていても聞こえる応援の大切さ、この2週間をどのように過ごすか、また目標を言葉にして周りの人と話そうという話がありました。
また、朝日の個人的な目標としては5000mでは入賞、3000mSCでは表彰台にのることだそうです。長距離種目の際には競技場中に散って、「ファイトーッ」が途切れないようにしたいですね!
長距離同期が少ない中、ブロックを引っ張ってきた朝日。走りに期待です!

asahi.JPG

〇中ブロック長(渡辺裕明)
ミスチルの落ち着いた曲での選手紹介でした。
中ブロの頼れる後輩たちの言葉に刺激を受けたそうです。本人からは
・・・・・・何も言うことはないそうです。笑
また、ケガには注意してほしいという言葉がありました。
個人的な目標としては「トラック2周をあと2回。必ず2回走り切ることです!」と語ってくれました。
今シーズンは勉強関係が忙しく、なかなか節目の大会に出れなかった裕明。期待してます。

hiroaki.JPG

〇短ブロック長(竹林尚輝)
人数が多い短距離ブロック。曲が男女分かれて選手紹介されました。
1年間ブロ長としてやってこれたことにまず感謝をしたい、また、ブロック一丸となってクラ対に臨みたい、出場選手それぞれにとってクラ対が今シーズン集大成のものになるように期待したいというお話がありました。
個人的な目標としては4継と200mが入賞、また表彰台にのることが目標と語ってくれました。
いつもブロック全体のことを考えてくれた竹林。期待しましょう!

takeba.JPG

〇フィールドブロック長(添田皓輝)
とべ!あたし!という歌詞が印象的なmiwaの曲での選手紹介でした。
皓輝は高跳びが専門種目ですが、今まで高跳びの応援に10人以上きてくれたところを見たことがないそうです。また、フィールド種目は試技順やその場の雰囲気、選手の「いきます!」に呼応する声の大きさにパフォーマンスが左右されることが多いです。ぜひ、競技場内を移動してフィールド種目を応援しに行きましょう!
1年間、怪我と戦ってきた皓輝。跳躍に期待です!

kouki.JPG

〇マネージャー(田中愛珠美)
スターラブレイションという可愛い曲で紹介動画が流れました。
「1年間選手の皆さんが頑張っている姿を私たちマネージャーは知っています。ゴールでお待ちしています。」という選手にとってはとってもありがたく、頼りになる言葉がありました。ゴールした後のマネージャーさんのサポートには本当に助けられます。クラ対もよろしくお願いします!

asumin.JPG

〇主将(押野悠大)
「クラ対では自分のベストを追い求めてほしい」という言葉がありました。コンディションは厳しいかもしれないですが、ベストを求め、その感動を同好会全体で共有したいですね。
また、クラ対ポロシャツは3年生の共作であるという話もありました。桐の葉以外は全部手書きなんですよ?
同好会の先頭を1年間走ってくれた悠大。集大成を期待してます。

yuudai.JPG

また、この後には隼斗からビデオ撮影の協力のお願い、伴からOBOG会のお知らせがありました。選手紹介の動画は後程動画ギャラリーにアップされる予定です。
以上が決起MTの内容となります。


このブログを読んでいるみなさん、クラ対への準備はいかがでしょうか?
体調面の管理も大事ですが、実際にクラ対での自分のパフォーマンスをイメージしてみるのもよいのではないかと思います。クラ対には筑波から117人の選手が出場します。それぞれが自分の目標に向かって、今できるベストを尽くせたらと思います。
また各ブロック長からもあったように応援はプレーしている人の力になります。クラ対に参加している大学の中で最多人数の筑波。
競技場で一番大きく、筑波の声を轟かせましょう!
それでは、当日の筑波の皆さんのパフォーマンスに期待しています(^O^)/

zentai.JPG

追伸
クラ対ポロシャツは半袖なので、アンダーシャツやヒートテックなどを持ってくることをお勧めします。気温は低いかもしれませんが、アツい2日間にしましょう!
posted by 筑波大学陸上同好会 2015 at 10:10| Comment(0) | ミーティング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。